知らなきゃ損するジェネリック!今の時代は海外通販で手頃に済ませる

薬代を安く抑える方法

「薬1錠が高いの…」、「保険の効かない治療を受けている」など、病気の種類によっては高額な治療費負担となってしまうことがあります。
抑えられるなら抑えたいというのが本音のはず。
そこで今回はジェネリックを簡単に購入できる、「海外通販」についてです。
ジェネリックの種類にも色々あるので、「ED治療薬」に絞って解説します。

【高すぎるED治療薬】
現在、国内では3種類の薬が認可されています。
1錠あたりの金額と一緒にまとめたものが、次のようになります。
・バイアグラ…1500円
・レビトラ…1700円
・シアリス…2000円
保険が効かないので、この金額に必要回数分を掛けたものが薬代になります。
とても継続的に使用できる価格ではないですよね…。
そこでこれらをジェネリックに切り替えてみると、約1/10程度での購入ができます。
この差はかなり大きいはずです。
日本でも切り替える男性が増えているので、治療したいけど高くて諦めたという人も再び治療ができるはずです。

【個人輸入はダメなのか】
これといってダメな理由もありません。
ただ、海外通販とは異なるのが「英語」や「輸入に関しての法律」を知らなければ、注文量によっては通関で止められてしまうこともあります。
それらも英語で対処しなければならないので、敷居は高い方法です。
その点に関しては、海外通販が便利。
個人輸入のように知識を必要としません。
お手持ちのスマホやパソコンで、24時間どこからでも注文できます。
もちろんサイト内もすべて日本語での表記です。
なので、使用しているED治療薬を検索してみると多くの通販サイトが表示されるはずです。
唯一、デメリットとしては価格を求めるあまりに色々なとこらを検索してしまうと、場合によって「悪質業者」に引っかかってしまうことがあります。
そういったことを避けるには、検索結果の上位表示のサイトで購入すれば問題ないはずです。
もちろん個人輸入でも同じ薬は買えるので、自分に合った購入方法を利用してみて下さい。